バス運行管理システムについて知っていますか?

バス運行管理システムとはなんでしょうか。これは、バスが現在どの時間に走っているかと言うことを教えてくれる仕組みでもあり、また、バスの配車状況が一発で分かったり、日報を容易に作ることができるシステムでもあります。まず、前者について考えていくと、例えば、路線バスの場合には、毎日同じ路線を数十本から数百本運行されています。ただ、バスは他の公共の乗り物と異なり、時間が定かではありません。つまり、8時14分到着となっているバスであっても今日は8時15分に到着して、翌日は8時20分に到着するというように、その日の道路状況によって到着時間がまちまちになってしまっているのです。これをバス会社の力だけで直すのは難しいので、バス運行管理システムを利用するというわけです。

具体的な利用の仕方についてはどうか

バス運行管理システムを具体的にどのように利用したらいいでしょうか。これは、まず、顧客の側からのクレームを減らす役割があります。バス停に時間通りにバスが到着するものと思い待っている人でも、時間が経過してもまだバスが来ないとすれば、クレームになる場合があります。1,2分程度の遅れではクレームになりにくいですが、これが10分前後の遅れになると、思わずクレームをいれてしまう人もいるのです。バス会社としては自分達で遅れを改善することができれば、改善に取り組みますが、道路の渋滞に関してはどうすることもできません。そこで、バス運行管理システムを利用することで、遅れを顧客に分かるように、電光掲示板などに示すようにします。その結果、クレームを減らす事ができ、無駄な仕事を省くのです。

観光バスの場合のバス運行管理システム

では、観光バス会社の場合はどうでしょうか。観光バスの場合も、スマートフォンやバス停の電光掲示板で現在の運行状況を提示することができるようにしています。ですが、実際には、それ以外でもさまざまなことに役立つのです。例えば、事務をするときに役立ちます。バスで一番迷惑を被らせるのは、ダブルブッキングの場合です。同じ日に同じ時間帯で同じバスが手配されてしまっている場合には、顧客に迷惑をかけてしまいます。そこで、ダブルブッキングを起こさないように、バス運行管理システムで配車状況を管理することができます。これにより、最悪の事態を避けることは十分に可能になります。また、バス運行管理システムを利用することで、日報などの書類も作成できますので、業務時間を短縮する事が可能です。

運行管理をトータルサポートします。質の高いテレマティクスサービスを総合的に提供します。 物流業界向け「輸配送進捗管理サービス」で状況をリアルタイムで管理。信頼アップ! 「安全運転支援」クラウドで運転記録を一元管理します。 法人様向けのクラウドサービスです。運行管理業務を総合的に支援します。 ニーズに合わせてサービスを紹介します。お客様の環境の変化にも迅速に対応。 バス運行管理システムをトータルサポートします